19日に開幕する冬季アジア札幌大会に出場する日本代表選手団の結団式が16日、札幌市内のホテルで行われた。主将として大会に臨むカーリング女子の本橋麻里選手(LS北見、北見市出身)は「自国開催の強みを生かし、最高のパフォーマンスを発揮できるように全力を尽くしたい」などと決意表明した。

 結団式には選手、役員合わせて55人が出席。旗手を務めるアイスホッケー男子の田中豪選手(東北フリーブレイズ、札幌市出身)が、古川年正団長から団旗を受け取った。

...    
<記事全文を読む>