スキー国体第3日は16日、長野県白馬村の八方尾根スキー場などで行われ、クラシカル走法の距離5キロの成年女子Aは土屋正恵(岩手・日大)が16分4秒0で初優勝した。同Bは石垣寿美子(秋田・秋田ゼロックス)、少年女子は成田生絵(秋田・十和田高)がそれぞれ2位となった。成年男子Cは五輪3大会代表の恩田祐一(新潟・アークコミュニケーションズ)が勝ち、浅水希太留(青森・自衛隊)は2位だった。

 大回転で争うアルペンの少年女子は片桐麻海(北海道・北照高)が1分24秒77で優勝した。

 複合の少年男子は飛躍で2位につけた木村吉大(秋田・花輪高)が距離で逆転して優勝し、弟の木村幸大(秋田・花輪二中)が2位だ...    
<記事全文を読む>