自転車ロードで高校2冠の大町健斗(広島・安芸府中)が、卒業後の3月から本場欧州を主戦場とする。2020年東京五輪を目指す18歳は「1、2年で上のクラスのチームに上がるために、常に1桁順位を出さないといけない」と口元を引き締める。

...    
<記事全文を読む>