19日の開幕が迫る冬季アジア札幌大会。入場券の販売状況は、開会式が完売したほか、閉会式もほぼ完売で好調だ。一方で、女子アイスホッケーやフィギュアスケートなど、入場券の売れ行きが販売総数の50%に届いていない競技もあり、大会組織委員会(事務局・札幌)はPRの最後の追い込みに懸命だ。

 組織委によると、カーリングやスノーボードハーフパイプの入場券も間もなく完売といい、収入目標の1億2千万円は達成した。

 ただ、来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪出場を決めた日本代表「スマイルジャパン」が出場する女子アイスホッケー、昨年12月のグランプリファイナル男子3位の宇野昌磨(しょうま)選手(中京大)らが出...    
<記事全文を読む>