卓球の第42回城山杯争奪東日本大会(下野新聞社など後援)は11、12の両日、鹿沼総合体育館で開かれ、全国から約1400人が出場。男女のバンビ(小学2年生以下)から一般まで計12部門で熱戦を展開した。

 県勢は男子ジュニア(中学3年~高校2年)で関口龍人(せきぐちりゅうと)(作新高)が県勢11年ぶりの優勝。男子カブ(小学4年生以下)で大貫蓮弥(おおぬきれんや)(城山クラブjr)が準優勝に輝いた。

...    
<記事全文を読む>