今秋、さいたま市内で開催予定の自転車ロードの国際競技大会「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」について、主会場の役割を果たしてきた、さいたまスーパーアリーナ(同市中央区)が使用できないことが14日分かった。予定開催日と公式自転車大会の日程が重なり、日程変更で対応したが、変更日には既にアリーナ側に複数のイベント予約が入っていたため。

 同日の市議会本会議で、島崎豊議員(自民)の一般質問に対し、清水勇人市長が答えた。主催する同市は取材に対し「コース変更は避けられないが、さいたま新都心周辺の開催に変更はない。関係機関と協議し、代わりの会場を検討していく」としている。

 市スポーツイベント課...    
<記事全文を読む>