ホッケー女子日本リーグの強豪、ソニーで攻守に活躍する本県選手が海外で研さんを積む。DF及川栞(しほり)(不来方高-天理大)は世界最高峰のオランダリーグ、FW瀬川真帆(沼宮内高)はスペインリーグに今月から期限付きで参加する。2人は欧州への武者修行でレベルアップを誓い、2020年東京五輪を目指す。

 27歳の及川はオランダ1部リーグのアイントホーフェンでプレー。昨年9月から3カ月間のリーグ前期に続き、今月下旬から5月まで行われるリーグ後期に参加する。

 ソニーは昨年まで全日本選手権4連覇など日本国内で無類の強さを誇る。チームで守備の要を担う及川だが「世界で自分の力がどれだけ通用するのか」を自ら...    
<記事全文を読む>