1月に日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の委員長に青森県人で初めて就任した北村正任・毎日新聞社名誉顧問(75)=三沢市出身、北村正哉元知事の長男=が13日、都内で東奥日報紙のインタビューに応じた。世の中の考え方を協会に伝え、相撲界の在り方を一緒に考えるのが横審の役目だとし、「土俵上に表れる横綱の品格とは何なのかを話し合いたい」と意気込みを語った。

...    
<記事全文を読む>