アイスホッケーの「2016―2017 J―アイスノースデビジョン」は12日、新日鉄住金室蘭(佐坂晋二監督)がホームの室蘭市中島スポーツセンターでスケートハウス札幌と対戦、5―3で競り勝ち、3位が確定した。  新日鉄住金は第1ピリオド2分、ゴール前で石塚が合わせて先制。第2ピリオドは4分、6分に連続失点したが、7分に石塚、8分に外立が決めてスケートハウスを突き放した。第3ピリオドは6分に村上がこぼれ球を押し込んで接戦にけりをつけた。

 ベストプレーヤーに選ばれた山道主将は「落とせない試合だったし、勝ちを意識してやった。昨季と同じ3位、最低限の目標はクリアできたと思う。全国大会まで1カ月ある...    
<記事全文を読む>