来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に向け、12日に日本勢第1号の五輪出場権を獲得したアイスホッケー女子の日本代表。青森県八戸市出身のFW中村亜美選手(29)=西武=は、最終予選計3戦で2得点を決める活躍を見せた。地元の競技関係者は「おめでとう。五輪でも活躍してほしい」とエールを送る。

 中村選手は小学2年から八戸のクラブチームで競技を始め、中学3年の夏に東京のクラブに通うため転校した。得点への嗅覚の鋭さを武器にFWで経験を積み重ね、2014年のソチ冬季五輪にも出場した。

 中学生以上が通う地元クラブ「八戸レッズ」で指導した栃木栄志監督(60)は「運動能力が高く、負けず嫌いだった。中学時代か...    
<記事全文を読む>