【今金】第36回北海道障がい者冬季スポーツ大会(道障がい者スポーツ協会、町主催。北海道新聞社共催)は12日、町内美利河でスキーの距離と大回転を行った。瀬山美月選手(今金高等養護学校2年)が距離の3000メートル知的障害女子の部を制すなど道南勢が活躍した。

 大会は「視覚」「聴覚・平衡・音声・言語機能」「肢体」「知的」「精神」の障害区分と競技力別に行われた。開催地・今金町のほか、札幌市や旭川市、室蘭市、後志管内寿都町など道内各地から距離に84選手、大回転に42選手の計126選手が出場した。道南勢は優勝4人を含む3位以内の入賞者17人と健闘した。

 優勝は瀬山選手のほか、いずれも距離に出場した...    
<記事全文を読む>