「本当にうれしい。勝てて良かった」。笑顔の頬を万感の涙が伝った。9~12日に北海道苫小牧市で開かれたアイスホッケー女子の平昌冬季五輪最終予選。日本代表「スマイルジャパン」の一員として八戸市出身の中村亜実選手(29)=西武=も3試合を戦い抜いた。12日のドイツ戦も相手選手と激しく競り合い、勝利に貢献。五輪代表メンバー決定はまだ先だが、自身2度目の大舞台に向け、背番号23は「もっと力を付けたい」と闘志を燃やす。

...    
<記事全文を読む>