第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」スキー競技会は14日、長野県北安曇郡白馬村で開幕する。県内からはアルペン競技の大回転、ノルディック競技のクロスカントリーの2種目に24人の選手・監督が出場する。成年男子C(34歳以上)大回転には、前回6位入賞の鳥山真也(鳥山商事)=松阪市=がエントリーしている。

 大会は17日までの4日間の日程。開始式は14日にあり、県選手団の旗手を成年男子Cクロスカントリーの野口洋二(ケイミュー伊賀事業所)=名張市=が務める。

 1月には長野市などでスケート・アイスホッケー競技会が開かれたが、県内からの派遣はなかったため、今大会が県勢の初戦になる。

 スキー競...    
<記事全文を読む>