テニスの日本リーグ決勝トーナメント最終日は12日・東京体育館で行われ、男子は、エキスパートパワーシズオカ(レッドブロック3位)が決勝で三菱電機(ブルーブロック1位)を2-1で破り、2年連続2度目の優勝。女子は決勝で橋本総業(レッドブロック1位)に2-0で勝った島津製作所(ブルーブロック1位)が4年連続4度目の頂点に立った。

 姫路市のノアインドアステージは男子(レッドブロック1位)、女子(レッドブロック2位)とも3位決定戦で敗れた。

...    
<記事全文を読む>