アイスホッケー女子の平昌(ピョンチャン)冬季五輪最終予選は12日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで行われ、日本代表の「スマイルジャパン」がドイツに3-1で勝利した。3戦全勝の成績で2014年ソチ五輪に続き、2大会連続で切符を手にした。八戸市出身のFW中村亜実(西武)も出場し、勝利に貢献した。

 最終予選は4チームが総当たりで争い、1位が五輪出場権を得る。世界ランキング7位の日本は9日の初戦でオーストリア(11位)に快勝し、11日のフランス(12位)戦も勝利。ドイツ(8位)との最終戦もスタンドの声援を力に、選手たちは氷上で力強いプレーを見せた。

...    
<記事全文を読む>