同門対決となった県女子選手権決勝は、先輩の池本が貫禄の試合運びで大会2連覇。合わせ技で一本勝ちし「気負わず普段通りの柔道ができたおかげ」と喜びをかみしめた。

 決勝の相手となった三木は、練習中もよく組み合う後輩で、互いにアドバイスを送り合う仲の良さという。試合は「練習のようだった」というが、体格を生かして揺さぶる三木に対し、引き手を握らせず主導権を渡さなかった。

...    
<記事全文を読む>