アメリカンフットボールで2年ぶりに学生日本一に輝いた関学大の優勝祝賀会が11日夜、大阪市内のホテルであり、保護者やOBら関係者約440人が集まる中、年間最優秀選手となった前主将のLB山岸明生が「たくさんの方に1年間支えられた。ありがとうございました」とあいさつした。

 一昨年に屈した立命大に雪辱し、西日本代表の座をつかんだ関学大。昨年12月の全日本大学選手権決勝「甲子園ボウル」では東日本代表の早大を31-14で退け、最多優勝回数を28度に伸ばした。

 今年1月の日本選手権「ライスボウル」では社会人王者の富士通に力負けしたが、山岸は「経験ができたことは今年のチームにとって大きい。後輩には日本...    
<記事全文を読む>