アイスホッケー女子の平昌冬季五輪最終予選第2日は11日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで行われ、2大会連続の五輪出場を狙う世界ランキング7位の日本は12位のフランスを4-1で下し、2連勝の勝ち点6でトップを守った。中村亜実(青森県八戸市出身、西武)が先制点を挙げるなど活躍し、「ゲームベストプレーヤー」に選ばれた。世界ランク8位のドイツは11位のオーストリアを4-1で退け、勝ち点5とした。12日の最終戦で日本-ドイツの勝者が五輪切符を手にする。フランスは勝ち点1、オーストリアは勝ち点0。

...    
<記事全文を読む>