札幌市は2017年度、利用を休止している平岸配水池(豊平区)の敷地内にある平岸高台テニスコートを再整備する。コートを15面から市内最大規模の20面に増やす。20年東京五輪・パラリンピックの事前合宿の誘致につなげるため、五輪・パラリンピック会場と同じ素材のハードコートとする。オープンは18年5月を予定している。

 平岸高台テニスコートは隣接する野球場、サッカー場とともに1980年にオープンした。敷地面積は計3万平方メートル。配水池の耐震工事に伴い10年4月から利用を休止していた。市内のテニスコートは週末を中心に混雑しており、市は再開に向け、野球場とサッカー場を廃止し、その敷地を生かしてテニ...    
<記事全文を読む>