富士市国久保の駿河男児ボクシングジム(前島正晃会長)は4月2日午後1時から、プロボクシングイベント「駿河男児デサフィオ―富士山祭り」を同市柳島の市産業交流展示場(ふじさんめっせ)で開く。

 青少年の健全育成と子どもたちに夢や目標を持ってもらおうとするイベントで6回目。日本スーパーライト級8位の青木クリスチャーノ(駿河、焼津市)や市川大樹(駿河男児、函南町出身)、堀池雄大(帝拳、浜松市出身)らが試合に臨む。

 駿河男児ボクシングジムで10日に開かれた記者会見で、青木は「久しぶりに県内での試合。絶対に勝ちます」と闘志を燃やした。前島会長は「試合以外にもカラオケ大会などもあり、多くの人が楽しめる...    
<記事全文を読む>