県教委と県体協は10日、本県から世界で活躍するトップアスリートの育成を目指す「いわてスーパーキッズ発掘・育成事業」の第10期生38人を発表した。3月20日に盛岡市の都南文化会館で開始式を行う。

 昨年に続き小学4年生からを募集対象とし、合格者の内訳は6年生の男子3人、女子2人、5年生の男子1人、女子2人、4年生の男子15人、女子15人の計38人。

 各小学校で行われた体力テストの成績を基に募集し、325人の応募があった。県内7会場で行われた体力測定選考を経て、1月に面談などの最終選考を実施。特定の競技に特化して五輪などを目指す選手の選考コースには2人が合格した。

 合格者は月3回のプログラム...    
<記事全文を読む>