第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」スキー競技会は14日から4日間、長野県白馬村で開催される。本県は地元開催だった昨年(競技得点43点、競技別総合8位)を上回る55点、5位以上を目標に掲げた。男女総合(天皇杯)7位と「ポスト岩手国体」を好調に滑り出したスケート勢に続く躍進を遂げ、冬季大会を締めくくりたい。

 ▽大回転(15~17日、白馬八方尾根スキー場) 2015年冬季ユニバーシアードに出場した成年男子Aの宮本慎矢(三田商店SC)が岩手代表初出場で表彰台を狙う。14年インカレ制覇、今月のFIS安比SL2戦2勝と回転で見せた高い技術力を大回転でも発揮したい。

 前回8位の成年男子B...    
<記事全文を読む>