ラグビーの神戸製鋼や日本代表でスター選手として活躍し、昨年10月20日に53歳で亡くなった平尾誠二さんをしのぶ「感謝の集い」が10日、神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開かれた。スポーツ界のほか、政財界や文化人などが「ミスターラグビー」の早すぎる旅立ちを悼んだ。

 口ひげの似合う平尾さんの遺影が飾られ、グラウンドを模した祭壇には花で作ったラグビーボールが置かれた。式典では日本選手権7連覇に貢献した当時のプレーやインタビュー映像が流れ、出席者は在りし日の軽妙な語り口に聞き入った。

 親交があり、平尾さんの治療に当たった京都大iPS細胞研究所所長・山中伸弥教授は弔辞で「病気が分かってからも格...    
<記事全文を読む>