高知県の土佐郡土佐町と長岡郡本山町が、早明浦ダム湖をカヌー競技の拠点とする計画を進めている。練習環境を整備して2020年東京五輪の事前合宿誘致を目指すほか、本山町の嶺北高校カヌー部にハンガリーから世界選手権で優勝経験のあるコーチを招いて選手の育成を図る。2月9日に本山町で開かれた高知県産業振興計画の嶺北地域アクションプラン(AP)フォローアップ会議で、関連事業を盛り込んだアクションプランの修正案が承認された。

 嶺北地域では、2018年度に本山町でアウトドア用品大手「モンベル」監修の拠点施設の開業が控えるなど、自然を生かした地域活性化が進められている。本山町の吉野川が2002年高知国体の...    
<記事全文を読む>