大相撲の夏巡業「大相撲かみのやま温泉場所」の開催に向けた実行委員会設立総会が9日、上山市商工会館で開かれた。開催日は8月11日、場所は三友エンジニア体育文化センターとする事業計画などを決めた。

 にぎわい創出による地域活性化に向け、市内で夏巡業場所開催の構想が浮上。市商工会(伊藤正志会長)が市の協力を得ながら、佐渡ケ嶽部屋後援会長を務めるおーばんホールディングス(天童市)の二藤部洋社長ら関係者を通して設立準備を進めてきた。

 総会には各業界の代表ら約50人が出席し、伊藤会長が「上山の活性化のため、皆さんの知恵を借りながら進めていきたい」とあいさつ。実行委の規約を承認し委員長に伊藤会長を選出...    
<記事全文を読む>