岐阜県郡上市は9日、開幕1年前を迎えた韓国・平昌冬季五輪の事前合宿地として検討するため、米国の五輪委員会が20日に同市を訪れ、「デイリー郡上・牧歌の里クロスカントリーコース」(同市高鷲町)と、「高鷲スノーパークハーフパイプ」(同)を視察すると発表した。

 市によると、ランディ・ウィルバー委員ら4人が訪問し、クロカンコースとハーフパイプを視察した後、日置敏明市長と面談する。

 クロカンコースは昨年、全日本スキー連盟公認コースとして開設。当日は、市スポーツアドバイザーで元五輪選手の籏修子さんが講師を務める地元小学生を対象にした教室が開催され、その様子も視察する。ハーフパイプは全国有数の規模を誇...    
<記事全文を読む>