各年代で頂点を争う柔道の兵庫グランプリ(神戸新聞社後援)は11日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸で開かれる。近畿選手権(3月5日・交野市立総合体育施設)の出場権を懸けた男女の県選手権など、各部門の優勝争いを展望した。(伊藤大介)■県選手権 新日鉄住金勢が実力者をそろえた。元全日本選手権王者の高橋和彦や昨年近畿選手権を制した小川竜昂(姫路灘中出身)が有力。前回大会2位の赤迫健太や黒岩貴信も強い。兵庫県警は昨年ベスト4の長尾翔太や木下泰成に期待が懸かる。■県女子選手権 前回大会を制した池本彩花(武庫川女大)と同3位の三木暁代(武庫川女大)が頂点を争う。北岡京(兵庫県警)が続く。夙川高の...    
<記事全文を読む>