国民体育大会冬季大会(ながの銀嶺(ぎんれい)国体)スキー競技会に出場する県選手団の壮行式が7日、金沢市稚日野町のいしかわ総合スポーツセンターで行われ、選手らは健闘を誓った。

 壮行式には、選手や監督、関係者ら約45人が出席。旗手でクロスカントリー成年男子に出場する元尾将規選手(30)=金沢自衛隊=が団旗を受け取った。

 選手団を代表し、クロスカントリー成年女子に出場する山口佑希子選手(27)=県立明和特別支援学校教諭=が「応援してくれる全ての人を笑顔にするレースができるよう正々堂々最後まで滑りきります」と宣誓した。選手たちは「勝つぞ、勝てるぞ、頑張るぞ」の掛け声とともに拳を突き上げ、大会...    
<記事全文を読む>