先月のスポーツクライミングのジャパンカップ・ボルダリング女子で最年少優勝を飾った伊藤ふたば(盛岡・松園中2年)が7日、盛岡市の県営運動公園ボルダリングルームで報道陣を前に公開練習を行った。一躍、東京五輪のホープと注目を集めた14歳は「今年は世界ユース選手権でリード、ボルダリングとも優勝したい」と、さらなる高みへ挑む決意を示した。

 クライミング界を驚かせたジャパンカップから9日。報道関係十数社のフラッシュを浴びながら約15分、軽々とホールドに飛び移り、持ち前の柔軟性を生かしたしなやかな登りを見せた。

 次の大会はリードの日本選手権(3月、埼玉県加須市)。1歳下のライバル森秋彩(茨城県連盟)...    
<記事全文を読む>