19日に開幕する冬季アジア札幌大会の聖火の展示が7日、開催地の札幌、帯広両市内で始まった。ランタンに入れて保管し、札幌ドームでの開会式で聖火台に点火される。

 聖火は5日夜、札幌市中央区の大通公園でアイヌ文化の担い手を育てる札幌大ウレ☆パクラブの学生らが、アイヌ民族伝統の方法でともした。6日の聖火リレー後、八つのランタンに分けられた。☆は小さい「シ」

...    
<記事全文を読む>