新潟市西蒲区の子ども向けレスリングクラブ「巻っずレスリングクラブ」の監督を務める本名栄仁さん(41)が、東京都内で先月行われた「全日本マスターズレスリング選手権」で部門優勝した。コーチの阿部仁さん(40)も3位入賞。2人は「子ども達の励みになればいい。全国大会で勝てる選手を育成したい」と意気込みを語った。

 選手権は全国からレスリングの経験者や指導者ら約400人が参加。年代別、体重別、男女別の約70部門で競った。今回「巻っず-」からは4人が出場した。

 本名さんは7人が出場した41~45歳の76キロ級に出た。昨年9月に剥離骨折した右膝に痛みが残っていたが、山形の選手と対戦した決勝では攻めの...    
<記事全文を読む>