2020年東京パラリンピックで「障害者スポーツ先進県」の面目躍如を-。兵庫県障害者スポーツ協会(県協会=神戸市中央区)が、競技普及や選手育成を目指す「5カ年プロジェクト」を始めてまもなく3年目を迎える。昨秋のリオデジャネイロ大会で、車いすテニス女子シングルスで明石市出身の上地結衣(エイベックス)ら、兵庫ゆかりの選手のメダルは、日本の総獲得数の4分の1にあたる6個。兵庫勢の強さの背景を探るとともに、3年後に向けた取り組みを紹介する。(井川朋宏)

...    
<記事全文を読む>