アイスホッケーアジアリーグの日本製紙クレインズは4、5の両日、東京都での国内4チームの集結戦で2試合を行い、東北フリーブレイズ、日光アイスバックスに2連勝した。クレインズは勝ち点79でリーグ順位を一つ上げて4位とし、5位東北に2差のリード。両者の順位は4、5位のいずれかに絞られ、プレーオフファーストラウンド(準々決勝)での対戦が決まった。

 レギュラーリーグの残り試合は、クレインズが2位サハリンとの3連戦、東北が7位ハイワンとの3連戦。プレーオフファーストラウンドでは4位と5位が上位チームの本拠地で対戦する。竹内元章監督は「可能性がある限り上位でプレーオフに進みたい」と3連勝を目指す。(...    
<記事全文を読む>