第66回全国高校スキー大会最終日は6日、群馬県片品村の尾瀬ほたか高原スポーツパーククロスカントリーコースなど2会場で距離リレー(男子40キロ、女子15キロ)とアルペン男子回転を行い、県勢は距離リレー女子で南砺平(水口珠寿、中井柊花、石井こはる)が1時間5分19秒8で13位となり、5年連続の入賞を逃した。全日程を終え、学校対抗では男子の雄山が9点で16位タイだった。

 距離リレー女子は1走がクラシカル走法、2、3走がフリー走法で実施。同男子は1、2走がクラシカル走法、3、4走がフリー走法で競った。

 距離リレー男子の雄山(宮木海、川除大輝、広瀬崚、古谷友希)は、3走・広瀬が区間1位の快走を見...    
<記事全文を読む>