2019年11月に横浜国際総合競技場で決勝戦が開かれるラグビーワールドカップ(W杯)に向け、「決勝戦1000日前イベント」が5日、横浜市西区の「MARK IS みなとみらい」で開かれた。15年W杯で日本代表の主将を務めたリーチ・マイケル選手らを迎えたトークイベントなどでラグビーの魅力を紹介し、「全世界から訪れる観客を歓迎し、大会を盛り上げよう」と呼び掛けた。

 トークイベントには、リーチ選手、女子セブンズ日本代表鈴木彩香選手、元日本代表の吉田義人さんが登場。リーチ選手は「日本代表を続け、日本人の強さをみなさんに見せたい」と決意を表明。鈴木選手は五輪種目の7人制ラグビーを説明し「東京五輪で...    
<記事全文を読む>