2020年東京五輪・パラリンピックへ向けて、トランポリン競技の魅力を知ってもらおうと、現役の日本代表選手らを講師に招いた「トランポリン体験教室」が5日、藤沢市鵠沼東の秩父宮記念体育館で開かれた。参加した子どもたち約80人は憧れの選手の指導を受けながら、大きく羽ばたいた。同市の主催。

 リオデジャネイロ五輪4位入賞の棟朝銀河選手(22)と、同五輪代表コーチの中田大輔さん(42)が登場。宙返りやひねり技など豪快な演技を披露すると、会場から大きな拍手が沸いた。

 教室では、子どもたちも実際に競技を体験。トランポリンの上で跳躍する基本的な動きから、飛びはねながら空中で手拍子する難度の高い技にも挑戦...    
<記事全文を読む>