競泳の県ジュニアオリンピックカップ春季大会最終日は5日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿水泳場(短水路コース)で男女年齢別52種目の決勝があり、15~18歳男子100メートルバタフライは三重高2年の阪本祐也(大紀SC)が52秒76で制し、前日の50メートルに続いて県短水路記録を更新した。

 15~18歳男子1500メートル自由形は尾鷲高3年の山本健志が15分24秒89の短水路県新記録で優勝。15~18歳男子400メートルリレーは山本が第3泳者を務めた尾鷲高チームが3分24秒75の短水路県新記録で制した。

 男女総合はイトマンスイミングスクール名張校が優勝。知事賞は小学女子が奥村日菜(JSS白...    
<記事全文を読む>