柔道の第26回県女子選手権、第39回県段別選手権は5日、盛岡市の県営武道館で行われ、女子選手権は佐藤歩実(久慈・長内中講)が初優勝した。

 佐藤は準決勝で千葉ひとみ(盛岡南高1年)に優勢勝ち。決勝は高宮美咲(富士大1年)と対戦し、残り約1分から横四方固めで一本勝ちした。

 段別選手権は4段が菊池遼(アクティオ北上営業所)、3段は細工藤徹(県警)が優勝。2段は佐藤拳斗(富士大3年)、初段は田森暁士(さとし)(盛岡中央高2年)が制した。大会最高位の5段は橋本憲宗(県警)が不戦勝した。

 橋本、菊池、細工藤、3段準優勝の中村旭(県警)、女子の佐藤、高宮、3位の千葉は、3月5日に秋田市で行われる全日...    
<記事全文を読む>