第37回全国中学校スケート大会第2日は5日、長野市でスピード、フィギュアの両競技で熱戦を繰り広げた。スピードは男女計9種目の予選が終了し、青森県勢は全種目で上位24人が進む決勝に進出した。

 男子は木村祐大(市川)が500メートル、1000メートル共に全体の4位で予選を突破。3000メートルの橋本芳彦(八戸二)も4位通過で、1000メートルの長根晃貴(明治)は21位で決勝に進んだ。女子は宮下和奏(根城)が500メートル18位、1000メートル24位、3000メートルの高山愛子(下田)は22位でそれぞれ予選を突破した。フィギュア女子ショートプログラム(SP)A組の藤田海羽(八戸二)は42位...    
<記事全文を読む>