アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは5日、東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで王子イーグルスと対戦し、6―4で競り勝った。5位。

 第1ピリオドに3得点して主導権を握りながら、徐々に点差を詰められ、第3ピリオド3分に同点とされた。しかし10分に平野裕志朗のゴールで勝ち越すと、18分にはマット・ポープが決め、王子を振り切った。

 若林クリス監督はチームを通じ「同点にされてからも、しっかりと耐えて勝ち越すことができた」とコメントした。

 既にプレーオフ進出を決めているブレイズは3月4、5、7日、八戸市のテクノルアイスパーク八戸でハイワンを迎え撃ち、レギュラーシーズンを終え...    
<記事全文を読む>