リオデジャネイロ五輪柔道男子100キロ超級で銀メダルを獲得した下関市出身の原沢久喜選手(24)=日本中央競馬会所属=が4日、同市竹崎町のしものせき市民活動センターでインターネットを利用した確定申告書の作成を体験し、多くの人に利用をPRした。原沢選手は国税庁のホームページ(HP)の「確定申告書等作成コーナー」で確定申告を模擬体験。税務署職員のアドバイスを受けながら、「給与・年金画面」の各項目などを入力した。「初体験だったが、手順に沿って入力するだけでとても簡単。多くの人に利用してほしい」と呼び掛けた。国税庁はHPなど情報通信技術(ICT)を利用した申告を推進しており、昨年の山口県内のIC...    
<記事全文を読む>