プロボクシングのスーパーフライ級ノンタイトル10回戦が4日、東京・後楽園ホールで行われ、浦添市出身で世界ボクシング評議会(WBC)フライ級3位、東洋太平洋(OPBF)同級王者の比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツ=がフィリピンフライ級8位のディオネル・ディオコスに4回2分29秒でTKO勝ちした。比嘉はデビューから無傷の12戦12勝12KO。

 比嘉は1回から左のジャブとボディーで試合の主導権を握ると、4回に左ボディーでダウンを奪いTKO勝ちした。ディオコスは14戦9勝3KO2敗3分。  「勝ち急ぎ」世界戦へ課題 「世界前哨戦」を公言通りにKO勝利で飾った比嘉だったが、「練習の成果を出せ...    
<記事全文を読む>