「スポーツ!北海道フォーラム~北の大地をスポーツの大地に」(北海道新聞社主催)が4日、札幌市中央区の道新ホールで開かれた。スピードスケートの清水宏保さん(長野五輪金)ら道内ゆかりの五輪・パラリンピックのメダリスト5人が約650人を前に、スポーツで道内を元気づける方策を語り合った。

 前半は清水さん、水泳の田中雅美さん(シドニー五輪銅)が基調講演。札幌市内でリハビリなどの施設を経営する清水さんは「スポーツ選手は、自らの経験を通じて医療に貢献できる」と強調した。田中さんは「スポーツを応援することで、選手から『自分ももう一歩頑張ろう』というエネルギーをもらえる」と語った。

 後半はスピードスケー...    
<記事全文を読む>