レスリングのまち・八戸から再びメダリストを―。八戸市武道館で3~6日の日程で、ジュニア世代の強化合宿「2016 エリートキャンプ」が開かれている。例年は東京都が会場だが、初めて八戸で開催。全国の精鋭に混じり、地元・八戸クラブも一部の練習に参加した。クラブ代表で県レスリング協会長の澤内和興さんは「全国のトップレベルを感じてほしい」。五輪史上初めて女子の個人種目で4連覇を達成した伊調馨選手をはじめ、多くのメダリストを輩出した八戸の伝統をつなごうと、3年後に迫った東京五輪、その先を見据えた取り組みが始まっている。

...    
<記事全文を読む>