長野県軽井沢町で開かれているカーリングの日本選手権で4日に決勝進出を決め、来年の平昌(ピョンチャン)五輪内定に王手をかけたロコ・ソラーレ(LS北見)。試合後の記者会見で選手たちは、チームカラーである笑顔を輝かせて大一番への意気込みを語った。予選リーグを8戦全勝の首位で通過したLS北見。決勝進出をかけた中部電力(予選2位)とのプレーオフは延長戦の末、LS北見が9―8で制した。延長第11エンド、最後の一投で勝負を決めたスキップ(司令塔)の藤沢五月選手は「投げた瞬間『終わった』(負けた)と思った」と明かし、「私が決めたというより、(氷を掃く)スイーパーに決めてもらった」とチームメートに感謝。...    
<記事全文を読む>