全国中学校スケート大会は4日、長野市で開幕し、県勢は長野市エムウエーブで行われたスピードの男子5000メートル予選で夏目楓馬(ふうま)(盛岡・城西2年)が7分3秒94で全体の22位となり、上位24人で争う決勝へ駒を進めた。夏目は同種目で2年連続の決勝進出となった。

 男子1500メートル予選で野々村太陽(北海道・別海上春別)が1分55秒06、女子1500メートル予選で堀川桃香(北海道・大樹)が2分6秒40、男子5000メートル予選で佐藤天海(山梨・泉)が6分47秒73の全体1位で決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>