2018年平昌冬季五輪の代表選考会を兼ねたカーリングの日本選手権第5日は3日、長野県の軽井沢アイスパークで1次リーグ最終戦が行われ、女子は2連覇を狙うLS北見が7―5でソチ五輪代表の北海道銀行を下し、8戦全勝の1位で上位4チームによるプレーオフに進んだ。北海道銀行は6勝2敗で3位になり、7勝1敗で2位の中部電力、5勝3敗で4位の富士急とともにPOに進出。札学院大は3勝5敗で6位、8敗の帯畜大は9位に終わった。

 男子は札学院大を下した札幌とSC軽井沢クが7勝1敗で並び、直接対決で勝っている札幌が1位通過を決めた。4勝4敗に3チームが並び、規定により試合前の試投の正確性が最も高いチーム荻原...    
<記事全文を読む>