来年、全国高校スキー大会距離競技が岐阜県郡上市で開かれる。だが、距離は全国的に競技人口が少なく、本年度の同大会(群馬県片品村)県予選出場者は男子7人、女子にいたっては1人しかいない。「郡上を拠点に苦境を脱し、五輪選手を輩出できるような土壌をつくりたい」とぎふ清流国体覇者で、元五輪選手の籏修子(のぶこ)さん(36)=旧姓福田=が挑戦を始めた。2日、手始めとなる同市内初のクロスカントリースキー教室を白鳥町の牛道小学校で開いた。

 籏さんは2002年のソルトレークシティーから3大会連続で五輪に出場。06年トリノでは女子団体スプリントで8位入賞も果たした国内女子の第一人者だ。07年、ぎふ清流国体...    
<記事全文を読む>