スピードスケートのジャパンカップ第4戦は4、5の両日、盛岡市みたけの県営スケート場で行われる。国内を転戦するジャパンカップの今季最終戦で本県開催は2季ぶり。男女11種目を実施し、県勢は500メートルで3戦中優勝2回と好調の曽我こなみ(ホテル東日本)が地元優勝を狙う。

 ジャパンカップは順位で与えられるポイントの合計により各種目の総合成績を争う。県勢は男子4人、女子7人の計11人が出場予定。女子500メートルのポイントランキングでトップの曽我は、2位以下の選手が国際大会に出場し、今大会に出場しないため総合優勝が確定。国体の成年女子500、1000メートルで2位に入った勢いそのままに、ホーム...    
<記事全文を読む>