岡山県体協は2日、第72回国体冬季大会スキー(14~17日・長野県)の県選手団39人を発表した。旗手は大回転成年女子Bの神嶋由佳子(倉敷市教委)が務め、結団式は14日に現地で行う。

 総数は昨年と同じ。団長は熊代勝好・県スキー連盟理事長、総監督は春名謙次・同副理事長で、内訳は本部役員7人、監督3人、選手29人(大回転15人、距離13人、複合1人)。

 ともに3位表彰台の経験を持つ距離クラシカル成年男子Cの山田四郎(ジェイエイまにわ蒜山農産加工)と、アルペン男子成年Bの道上広基(西粟倉体協スキー部)に入賞の期待がかかる。距離リレーの女子は中高生のメンバー4人がそろい、11年ぶりに出場する。

 ...    
<記事全文を読む>